福岡市の2019年人口数について!コンパクトシティの理由と自然の関係についても!

コンパクトシティと呼ばれながらも九州最大の都市である福岡県。

ネット上では福岡市の2019年度の人口数について注目が。

福岡市の魅力やコンパクトシティと言われる理由は一体何なのか真相が気になるところです。

そこで今回は福岡県福岡市の人口や魅力について詳しく紹介します!

福岡市の2019年度の人口数は何人なのか?

九州最大の都市と言われる福岡県ですが2019年度の人口について注目が集まっているようです。

2019年度の福岡市の人口を調査したところ2019年9月時点で、

1591522人いる事が判明しました。

また、福岡県の人口については、

510.9万人いるとのこと。

福岡市の人口は年々増加傾向にあるようで今後も更に増え続けていくと言われています。

その理由については、

  • 交通アクセスの良さ
  • 美味しすぎる食文化
  • 地価の良さ
  • 都市開発が進んでいる

といったものが関係しておりビジネス展開するために福岡市に移住してくる起業家が多くなってきているようです。

交通アクセスが良すぎるメリットも関係している

先ほども説明したように福岡市の人口は年々増加傾向にあると言われその理由としてメリットだらけな事が挙げられています。

まず第1に交通アクセスについてのメリットですが、福岡市の地下鉄は福岡空港に直結しているため、県外や海外のアクセスがスムーズなのです。

また、福岡空港から糸島市へ移動する時も地下鉄を利用すれば乗り換えなしで移動が可能に。

さらに食べ物に関しては、

  • ラーメン
  • うどん
  • 海鮮系
  • 焼き鳥系
  • 鍋系

など有名どころの店が多くあるのでさ様々なジャンルを堪能できます。

首都圏に比べて地価が安いという理由から、関東地方からもビジネスを展開するために移住する起業家が多いんだとか。

そもそもコンパクトシティと言われる理由は?

魅力が詰まった福岡市ですが、そもそもコンパクトシティと紹介される理由とは何なのか。

その理由として挙げられるのが、

都会なのに自然がある

といった事が関係しているようです。

福岡市は九州最大の都市であるにも関わらず海や山といった自然を満喫する事ができます。

さらに自然や海を楽しみたいのであれば福岡市から西に位置する糸島市へ行くと自然や海を楽しめます。

糸島市といえば都会から遠すぎず程よい距離にあり、のどかな生活感を味わいながら、いつでも都会に出向く事が出来るのです。

距離で言えば約20キロ先に福岡市の中心部があるため、車の移動ですぐに着きますし電車の移動もお金がそこまで掛からないため、最高の田舎だと言われているようです。

都会の中に大きな公園・大濠公園!

福岡市という都会の中には大きな公園があり運動をしたい方や、お子さんがいる家庭でも楽しむ事が出来るのです。

まず最初に紹介するのが大濠公園。

大濠公園は一周約2キロの公園でありランニングや犬の散歩など、運動を楽しむ方で毎日賑わっています。

公園の中央は巨大な池となっていますのでアヒルのボートや手漕ぎボートなどがあり、カップルや家族で楽しんだり、ゆっくりと街並みを眺めることもできます。

敷地内には子供の遊具が二ヶ所設置されているため、子供連れの家庭にとって非常にありがたい構造になっています。

さらにさらに、平和台球場跡地である舞鶴公園に関しては、広大な面積を誇る広場があり、福岡の中央部に位置。

これだけ都会や自然という環境に恵まれた福岡市に訪れると県外の方は住みたくなることでしょう。