福岡市は県外へのアクセスも最強!福岡空港の強みを紹介!

交通アクセスが最強と言われている福岡市ですが、県外へのアクセスも最強なんです。

県外への交通アクセスが最強と言われる理由は福岡空港?

そこで今回は福岡市の交通アクセスが最強の理由について調べてみました!

交通アクセスが最強と言われている理由

交通アクセス最強と言われている福岡市ですが、どのように最強で便利なのか気になるところ。

まず、福岡市はコンパクトシティ、街がコンパクトにまとまっており地下鉄やバスを使う事で福岡市内での移動がスムーズに行えます。

たとえば、福岡市の中心街とも言える天神に行きたいのであれば、地下鉄やバス、電車を利用すれば簡単に到着。

さらにJR、西鉄電車、西鉄バスを利用すれば手軽に中心街へ移動する事が出来ますし、福岡市外でもJRと西鉄を利用すれば完璧です。

福岡空港と地下鉄の組み合わせが最強?

福岡空港といえば、街までの距離が近い事が有名であり世界で唯一、街中に空港が。

そんな福岡空港ですが地下鉄があるため飛行機を降りた後に博多駅や天神に数分で行く事が出来ます。

普通の空港であれば、車やバスなどで移動しなければなりません。

関東の空港でも電車はあったとしても中心街にすぐ着くことはできません。

一方で福岡空港から天神までは地下鉄で約7分で到着します。

博多駅であれば5分。

これらは空港を降りてからの話ですが逆を考えてみてください。

市内で地下鉄を利用し、空港まで数分で行ける事を考えればこれほど便利な事はないでしょう。

国内線のみではなく国外線もあるため気軽に海外旅行が可能となります。

福岡空港が便利すぎる理由について!

福岡空港の最大の強みは地下鉄になりますが、その地下鉄が博多駅や、西鉄天神駅に繋がっているのです。

まず、空港から地下鉄で5分で到着する博多駅に関しては、北側と南側の電車や新幹線が。

新幹線を利用するのであれば、空港から自宅までスピーディですよね。

もし、地下鉄の駅近くに住んでいる方であれば福岡空港はタクシーやバスの感覚に近いかもしれませんね!

空港が街に近いので飛行機の飛行が多い?

福岡空港は街に近いため、中央区や博多区にいると上空を飛行機がバンバン通っていきます。

市内に住んでいれば普通の事ですが県外から来たばかりの人や出張などで訪れた人は飛行機が通ると驚いた表情で空を向く事があるようです。

これは逆のパターンでも驚きます。

離陸後や着陸前には街中を低空飛行する訳ですから、乗る側からは真上から福岡市内を眺める事が出来ます。

福岡市中央区にある舞鶴公園で寝そべっていれば1分に1回は上空を飛行機が飛び、眺めることが!

飛行機好きには堪らない場所である事は確かですし、写真家やマニアにとって最高な場所だと思います。